top of page
stc下層2-23.png

小型移動式クレーンの資格・免許の費用はいくらかかる?

小型移動式クレーン運転技能講習やクレーン免許など、資格や免許の種類は様々ありますが初めて受講する場合、費用がどれくらいかかるのか分からない方も多いのではないでしょうか。


今回の記事では「小型移動式クレーン運転技能講習」の資格・免許を取得する際にかかる費用に関してを紹介させて頂きます。



小型移動式クレーン運転技能講習の資格の費用

小型移動式クレーンの資格の費用はコースによって費用の相場が異なります。16時間コースと20時間コースがあり、所有資格の有無によってコースを選択します。主に経験者向けの小型移動式クレーン16時間コースの資格の費用の相場は35,000円~40,000円、未経験者向けの小型移動式クレーン20時間コースの資格の費用の相場は40,000円~45,000円となっています。受講する教習所によりますが、ほとんどの教習所が受講料とテキスト代が込みの費用となっています。


小型移動式クレーン運転技能講習の費用相場表

​小型移動式クレーン運転技能講習

費用相場(受講料+テキスト代)

16時間コース

35,000円~40,000円

20時間コース

40,000円~45,000円

費用相場として幅があるのは、大都市と地方などによって多少費用相場が異なっています。



小型移動式クレーン運転技能講習とは


小型移動式クレーン運転技能講習とは、つり上げ荷重が5トン未満の小型移動式クレーンの運転業務を可能にする為の資格となります。小型移動式クレーンは移動式クレーンの中でもつり上げ荷重5トン未満と小型の移動式クレーンとなりますが、様々な現場で業務に従事する可能性がある必須資格と言えるでしょう。



玉掛け技能講習の受講もおすすめ


小型移動式クレーンの業務に従事する現場で、必ずと言っていいほど必要になる資格が「玉掛け技能講習」です。つり荷をクレーンのフックに掛ける為の業務を玉掛けと言いますが、玉掛けの業務を行う人と小型移動式クレーンを運転する人がそれぞれいて、お互いに連携を取りながら安全に業務に従事する事が必要となります。


小型移動式クレーン運転技能講習の資格を取る時、もしくは先行して玉掛け技能講習の資格も受講する方もいらっしゃいます。


【おすすめ記事】

参考:移動式クレーン運転士の免許の費用


つり上げ荷重が5トン未満の小型移動式クレーン運転技能講習の資格の費用を紹介させて頂きましたが、参考としてつり上げ荷重5トン以上の移動式クレーンを運転する為の免許を取得する場合の費用がどれくらいかかるのか見てみましょう。


移動式クレーン運転士の免許の費用相場は学科・実技あわせて130,000円前後となっています。小型移動式クレーン運転技能講習の費用相場と比べると高額ですね。


移動式クレーンの運転にご興味がある方も、経験面そして費用面を鑑みてまずは小型移動式クレーン運転技能講習から取得してみては如何でしょうか。



小型移動式クレーン運転技能講習をさっそく予約しましょう!


下関トレーニングセンターでは小型移動式クレーン運転技能講習や玉掛け技能講習の講習を実施しています。助成金をご利用頂く事も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。


お電話でのお問合せ:083-246-0556

フォームよりお問合せ:ご予約フォーム


アクセス: 〒752-8609  山口県下関市長府安養寺1-15-13



最新記事

すべて表示

フォークリフト運転技能講習 in 山口県

山口県でフォークリフト運転技能講習のご案内 山口県の下関トレーニングセンターではフォークリフト運転技能講習(31時間・11時間コース)を定期的に開催しています。定員に達した場合は別の開催日でのご案内となりますので山口県でフォークリフト運転技能講習をお考えの方はお早めにお問合せ下さい。 フォークリフト運転技能講習の申込方法 フォークリフト運転技能講習の受講をご希望の方は「講習コース」より 「フォーク

重機の免許・資格の種類をご紹介

建設現場や建設の業務に従事する上で欠かせない重機。 そんな重機を適切に活用する事で作業の効率性、安全性が向上します。 当然技術者としても管理者としても、現場に適した様々な重機を操作、運転する事が出来る人材は非常に魅力的です。 今回はそんな重機を操作、運転するためにどのような種類の免許や資格があるのかをご紹介させて頂きます。 代表的な重機の種類 免許、資格の種類の前に代表的な重機の種類をご紹介します

bottom of page