top of page
stc下層2-23.png

小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリット

小型移動式クレーンと玉掛けはどちらもユニック車を使用する現場で必要な資格になります。その為、現場によっては小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格が必要になる事も少なくありません。


今回の記事では小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリットを解説します。


ちなみにセットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同じ日ではなく、それぞれ別で講習を受ける事になるのですが同時期に同教習期間で受講するという事をセットと表現しています。



小型移動式クレーンと玉掛けをセットで受講すると講習時間が短縮される


小型移動式クレーンと玉掛けをセットで受講すると「力学に関する知識」「運転のための合図」の科目の免除が行われる為、講習時間が4時間短縮されます。


例えば当センターで玉掛け技能講習の資格を取得した方が小型移動式クレーン運転技能講習を取得しようとすると講習時間は次のようになります。

小型移動式クレーン

玉掛け技能講習を取得していない方

すでに玉掛け技能講習を取得している方

講習時間

講習時間:20時間

講習時間:16時間

小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除に関しては別の記事で解説をしているのでそちらを合わせてご覧下さい。


小型移動式クレーンと玉掛けをセットで受講すると講習費用が安くなる


小型移動式クレーンと玉掛けをセットで受講すると講習時間が4時間短縮となるに伴って講習費用が安くなります。


例えば当センターで玉掛け技能講習の資格を取得した方が小型移動式クレーン運転技能講習を取得しようとすると講習時間は次のようになります。

小型移動式クレーン

玉掛け技能講習を取得していない方

​すでに玉掛け技能講習を取得している方

講習費用

講習費用:45,000円

講習費用:35,000円

山口県内で小型移動式クレーンと玉掛けを毎月開催している教習所


冒頭にもお話しした通り、セットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同時ではなくそれぞれ別で講習を受けて頂きます。


その為、小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格講習を開催していて、かつ一定期間ごとに開催している教習所を選ばれるのが一番理想的です。


小型移動式クレーンは山口市の教習所に3月に受講し、玉掛けは周南市の教習所に5月に受講するのはセットとは呼べません...。


東部地区


山口県東部地区で小型移動式クレーンと玉掛けをほぼ毎月開催している教習所はこちらです。

  • 山口県労働基準協会(光市)

山口県労働基準協会ではさまざまな地域で講習をしていますが毎月のように小型移動式クレーンと玉掛けを開催しているのは東部教習所の光市のようです。


中部地区


山口県中部地区で小型移動式クレーンと玉掛けをほぼ毎月開催している教習所はこちらです。

  • 新南陽クレーン教習所(周南市)


西部地区


山口県西部地区で小型移動式クレーンと玉掛けをほぼ毎月開催している教習所はこちらです。

  • 下関トレーニングセンター(下関市)

福岡県北九州からもお越し頂けますので小型移動式クレーンと玉掛けの両方を同じ月に資格講習を受講されたい方はお気軽にご連絡ください。

最新記事

すべて表示

今回の記事では吊り荷の運搬・玉掛けが必要な現場でセットで必要になる事が多い小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛け技能講習の講習を受講するときの科目免除について解説します。 小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除の関係性について 小型移動式クレーン運転技能講習を受講するにあたり、玉掛けの技能講習を修了している方は「力学に関する知識」と「小型移動式クレーン運転のための合図」の科目が免除となります。 玉掛

小型移動式クレーンの特別教育と技能講習の違い 小型移動式クレーンの業務に就かせる場合に必要な資格には移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と、小型移動式クレーン運転技能講習があります。移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と小型移動式クレーン運転技能講習の違いは、運転する小型移動式クレーンの吊り上げ荷重です。小型移動式クレーンの吊り上げ荷重が1トン未満を運転する場合は移動式クレーンの運転の業務

bottom of page