top of page
stc下層2-23.png

「ユニック車の資格」玉掛け技能講習を取ろう!

今回は当センターで実施している玉掛け技能講習について詳しく解説します。


玉掛けとは

玉掛けとは重い荷物をクレーンで持ち上げるときに、クレーンのフックに荷物を掛けたり、外したりする作業のことをいいます。


ユニック車や天井クレーンの作業をするときに必ずと言っていいほど必要な作業なので建設業だけではなく製造業の方なども行っている作業です。


玉掛け作業をするのに必要な資格


玉掛け作業をするのに必要な資格は「玉掛け特別教育」「玉掛け特別教育」の2種類があります。


  • 1t未満の荷物の玉掛け作業「玉掛け特別教育」

  • 1t以上の荷物の玉掛け作業「玉掛け特別教育」

ご自身が従事する作業に応じた講習を受講してください。



玉掛け技能講習の講習内容


玉掛け技能講習の講習内容は次のとおりです。


  • 受講資格:18歳以上

  • 学科講習:12時間

  • 実技講習:7時間

  • 講習日数:3日間

  • 経験の有無:未経験でも可

詳しくはこちらの講習コースをご覧ください。


ユニック車とは

ユニック車とはクレーンが搭載されたトラックのことで「積載型トラッククレーン」という名称です。重い建設資材を運ぶ際に、荷積・荷下ろしが楽になるので非常に便利です。

玉掛けとセットで取得したい小型移動式クレーン

ユニック車のクレーンを操作する場合に必要な資格が小型移動式クレーンです。


玉掛け作業をする際に小型移動式クレーンの資格も必要になる場合も多く、玉掛けと小型移動式クレーンの両方を受講される方も多いです。


下関トレーニングセンターでは、小型移動式クレーン運転技能講習も実施していますのでぜひご予約ください。




最新記事

すべて表示

フォークリフトの免許はどこで取れる?

自動車の免許は自動車学校を経て、各試験場で合格した場合に取得することは皆さまご存じですが、フォークリフトなどの労働安全衛生法で定められている技能講習の免許(修了証)はどこで取れるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は「フォークリフトの免許はどこで取れるのか?」について解説をしていきます。 本記事でのフォークリフトの免許とは、最大荷重1t以上のフォークリフトの運転作業に従事する場

山口県でフォークリフト運転技能講習を開催中

山口県でフォークリフト運転技能講習のご案内 山口県の下関トレーニングセンターではフォークリフト運転技能講習(31時間・11時間コース)を定期的に開催しています。定員に達した場合は別の開催日でのご案内となりますので山口県でフォークリフト運転技能講習をお考えの方はお早めにお問合せ下さい。 フォークリフト運転技能講習の申込方法 フォークリフト運転技能講習の受講をご希望の方は「講習コース」より 「フォーク

コメント


bottom of page