top of page
stc下層2-23.png

実務者&講師トレーニング合宿へ行ってきました♬

こんにちは!


下関トレーニングセンターです。

緊急事態宣言の解除があり、当センターも講習開催に向けて少しづつ進んで参ります。


これから受講生に向けて、より分かりやすい学科や、実技を提供するために

6月16日・17日の2日間で実務者と講師のメンバーにて

スキルアップ&知識の向上のためのトレーニング合宿へ行ってきました!



なんと、合宿先は神奈川県小田原市(箱根の麓)です😊

移動時間5時間の旅路でした。


すでに教習所として開校している講師の方や、運営の方が

分かりやすい指導の仕方、安全に対しての知識などを2日間みっっちりと教えて下さりました。


私たちも長年この業界でやっていたので、

技術や知識はもちろんありましたが、

教える立場としての知識や技術はまた別物です。


受講生により分かりやすく、また資格が取りたい!

そう思ってもらえるような、講師や運営メンバーを増やしていきます🙂!


もう少しで玉掛け技能講習のスケジュールを公開できるかと思いますので、

今しばらくお待ち下さい。


下関トレーニングセンター 一同



最新記事

すべて表示

小型移動式クレーンと玉掛けはどちらもユニック車を使用する現場で必要な資格になります。その為、現場によっては小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格が必要になる事も少なくありません。 今回の記事では小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリットを解説します。 ちなみにセットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同じ

今回の記事では吊り荷の運搬・玉掛けが必要な現場でセットで必要になる事が多い小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛け技能講習の講習を受講するときの科目免除について解説します。 小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除の関係性について 小型移動式クレーン運転技能講習を受講するにあたり、玉掛けの技能講習を修了している方は「力学に関する知識」と「小型移動式クレーン運転のための合図」の科目が免除となります。 玉掛

小型移動式クレーンの特別教育と技能講習の違い 小型移動式クレーンの業務に就かせる場合に必要な資格には移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と、小型移動式クレーン運転技能講習があります。移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と小型移動式クレーン運転技能講習の違いは、運転する小型移動式クレーンの吊り上げ荷重です。小型移動式クレーンの吊り上げ荷重が1トン未満を運転する場合は移動式クレーンの運転の業務

bottom of page