stc下層2-23.png

「小型移動式クレーン運転技能講習」つり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転が出来るようになる資格

今回のブログではつり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転ができるようになる「小型移動式クレーン運転技能講習」についてです。


「小型移動式クレーン」とは

「小型移動式クレーン」とはつり上げ荷重1トン以上5トン未満の移動式クレーンをいいます。


「小型移動式クレーン運転技能講習」とは

「小型移動式クレーン運転技能講習」とは、つり上げ荷重が5トン未満の移動式クレーンを運転する業務に従事する際に必要となる資格です。


つり上げ荷重が5トン未満の移動式クレーン運転作業に従事する場合は、労働安全衛生法第61条で「移動式クレーン運転士免許を受けた者でなければ、当該業務に就かせてはならない。但し、つり上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンの運転の業務については、小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者を当該業務に就かせることができる。」と定められています。


1990年(平成2年)10月1日労働安全衛生法の改正によって小型移動式クレーンの運転業務は移動式クレーン運転士免許を取得している者か「小型移動式クレーン運転技能講習」の修了者だけが従事できるように変更になりました。


「小型移動式クレーン運転技能講習」の受講コース


「小型移動式クレーン運転技能講習」は学科と実技があり、保有資格、業務の経験によって受講時間が異なります。


  1. ​20時間コース(学科講習:13時間、実技講習:7時間、講習日数:3日)

  2. 16時間コース(学科講習:9時間、実技講習:7時間、講習日数:3日)


「小型移動式クレーン運転技能講習」20時間コース


学科講習:13時間、実技講習:7時間、講習日数:3日間のコースです。


受講要件としては、未経験の方が対象となっています。



「小型移動式クレーン運転技能講習」16時間コース


学科講習:9時間、実技講習:7時間、講習日数:3日間のコースです。


受講要件としては、次のいずれかに該当する場合になります。

  • 玉掛けまたは、床上操作式クレーン運転技能講習修了証を持っている

  • クレーン、デリックまたは、揚貨装置運転士免許持っている

未経験の方が対象の20時間コースよりも学科が4時間免除されています。


「小型移動式クレーン運転技能講習」で運転できる機械


「小型移動式クレーン運転技能講習」を取得すると、つり上げ荷重5トン未満の「クローラーキャリア搭載クレーン」「積載型トラッククレーン」「トラッククレーン」「ホイールクレーン」等が運転できるようになります。


「小型移動式クレーン運転技能講習」を取得してつり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転が出来るようになろう!


「小型移動式クレーン運転技能講習」についての詳細を解説しましたが、つり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転は法律上制限されています。


3日間の講習で合格するとつり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転ができるようになって業務の幅も広がっていきます。


ぜひ最寄りの教習所で小型移動式クレーン運転技能講習を受けてみてください!


山口県下関市周辺の方は、ぜひ下関トレーニングセンターまでお問い合わせくださいね♪










最新記事

すべて表示

今回は当センターで実施している玉掛け技能講習について詳しく解説します。 玉掛けとは 玉掛けとは重い荷物をクレーンで持ち上げるときに、クレーンのフックに荷物を掛けたり、外したりする作業のことをいいます。 ユニック車や天井クレーンの作業をするときに必ずと言っていいほど必要な作業なので建設業だけではなく製造業の方なども行っている作業です。 玉掛け作業をするのに必要な資格 玉掛け作業をするのに必要な資格は

ユニック車の資格の費用 今回は前回の続きのユニック車の資格の費用に関するブログです。 ユニック車の資格には「玉掛け技能講習」「小型移動式クレーン運転技能講習」があります。 それぞれどんなコースがあってどれくらいの費用で取得する事が出来るのでしょうか。 ユニック車の資格「玉掛け技能講習」「小型移動式クレーン運転技能講習」の費用 ユニック車の資格には「玉掛け技能講習」「小型移動式クレーン運転技能講習」