top of page
stc下層2-23.png

「小型移動式クレーン運転技能講習」吊り上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転が出来るようになる資格

吊り上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転ができるようになる「小型移動式クレーン運転技能講習」について解説します。


「小型移動式クレーン」とは

「小型移動式クレーン」とは、吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の移動式クレーンを指していてユニックやカーゴクレーンなどがあります。


逆に吊り上げ荷重5t以上の移動式ラフテークレーンは小型移動式クレーンとは呼ばず、移動式クレーンと総称しています。


吊り上げ荷重ごとの必要な資格


移動式クレーンの運転は吊り上げ荷重ごとで必要な資格が異なります。

つり上げ荷重0.5t以上1t未満の移動式クレーンの運転業務は「移動式クレーン運転特別教育」、​つり上げ荷重1t以上5t未満の移動式クレーンの運転業務は「​小型移動式クレーン運転技能講習」、​つり上げ荷重5t以上の移動式クレーンの運転業務は「移動式クレーン運転士免許」となります。

つり上げ荷重0.5t以上1t未満の移動式クレーンの運転業務

移動式クレーン運転特別教育

つり上げ荷重1t以上5t未満の移動式クレーンの運転業務

​小型移動式クレーン運転技能講習

つり上げ荷重5t以上の移動式クレーンの運転業務

移動式クレーン運転士免許



吊り上げ荷重1トン以上5トン未満は「小型移動式クレーン運転技能講習」

「小型移動式クレーン運転技能講習」とは、吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の移動式クレーンを運転する業務に従事する際に必要となる資格です。


つり上げ荷重が5トン未満の移動式クレーン運転作業に従事する場合は、労働安全衛生法第61条で「移動式クレーン運転士免許を受けた者でなければ、当該業務に就かせてはならない。但し、つり上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンの運転の業務については、小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者を当該業務に就かせることができる。」と定められています。


1990年(平成2年)10月1日労働安全衛生法の改正によって小型移動式クレーンの運転業務は移動式クレーン運転士免許を取得している者か「小型移動式クレーン運転技能講習」の修了者だけが従事できるように変更になりました。


「小型移動式クレーン運転技能講習」の受講コース


吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の運転を行う為の「小型移動式クレーン運転技能講習」は学科と実技があり、保有資格、業務の経験によって受講時間が異なります。


  1. ​20時間コース(学科講習:13時間、実技講習:7時間、講習日数:3日)

  2. 16時間コース(学科講習:9時間、実技講習:7時間、講習日数:3日)


「小型移動式クレーン運転技能講習」20時間コース

吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の運転を行う為の「小型移動式クレーン運転技能講習」20時間コースは未経験者が対象のコースとなっています。


学科講習:13時間、実技講習:7時間、講習日数:3日間


受講要件としては、未経験の方が対象となっていますので18歳以上であれば受講することができます。



「小型移動式クレーン運転技能講習」16時間コース

吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の運転を行う為の「小型移動式クレーン運転技能講習」16時間コースは特定の要件に該当する主に経験者向けのコースです。


学科講習:9時間、実技講習:7時間、講習日数:3日間


受講要件としては、次のいずれかに該当する場合になります。

  • 玉掛けまたは、床上操作式クレーン運転技能講習修了証を持っている

  • クレーン、デリックまたは、揚貨装置運転士免許持っている

未経験の方が対象の20時間コースよりも学科が4時間免除されています。


「小型移動式クレーン運転技能講習」で運転できる機械

「小型移動式クレーン運転技能講習」を取得すると、つり上げ荷重5トン未満の「クローラーキャリア搭載クレーン」「積載型トラッククレーン」「トラッククレーン」「ホイールクレーン」等が運転できるようになります。


吊り上げ荷重5トン以上の移動式クレーンの運転を行う場合は「移動式クレーン運転士免許」が必要となりますのでご注意ください。


「小型移動式クレーン運転技能講習」を取得してつり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転が出来るようになろう!


「小型移動式クレーン運転技能講習」についての詳細を解説しましたが、つり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転は労働安全衛生法で就業制限業として「小型移動式クレーン運転技能講習」を修了した者に制限されています。


3日間の講習で合格するとつり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転ができるようになって業務の幅も広がっていきます。


ぜひ最寄りの教習所で小型移動式クレーン運転技能講習を受けてみてください。


山口県下関市周辺の方は、ぜひ下関トレーニングセンターまでお問い合わせくださいね。










最新記事

すべて表示

フォークリフトの免許や資格の種類・違いをご紹介!取得方法、どれくらいの日数、費用で取れるのかも解説!

建設業、製造業、運送業などの作業上、荷の運搬・積み下ろしは必須と言っても過言ではない業務です。 そのような業務を行う際に重宝するのが「フォークリフト」です。 作業に従事しない方も聞いたことのあるフォークリフトですが、フォークリフトを運転するにあたり必要な免許・資格の種類があるのはご存じでしょうか? 今回の記事では、「フォークリフトの免許や資格の種類や違い」について解説をしていきます。 フォークリフ

フォークリフトの免許はどこで取れる?免許が取れる場所や講習の種類などを詳しく解説!

自動車の免許は自動車学校を経て、各試験場で合格した場合に取得することは皆さまご存じですが、フォークリフトなどの労働安全衛生法で定められている技能講習の免許(修了証)はどこで取れるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は「フォークリフトの免許はどこで取れるのか?」について解説をしていきます。 本記事でのフォークリフトの免許とは、最大荷重1t以上のフォークリフトの運転作業に従事する場

山口県でフォークリフト運転技能講習を開催中

山口県でフォークリフト運転技能講習のご案内 山口県の下関トレーニングセンターではフォークリフト運転技能講習(31時間・11時間コース)を定期的に開催しています。定員に達した場合は別の開催日でのご案内となりますので山口県でフォークリフト運転技能講習をお考えの方はお早めにお問合せ下さい。 フォークリフト運転技能講習の申込方法 フォークリフト運転技能講習の受講をご希望の方は「講習コース」より 「フォーク

Comments


bottom of page