top of page
stc下層2-23.png

9月30日はクレーンの日

皆様、こんにちは!

下関トレーニングセンターです。


9月になり、少し夜が寒く感じるようになってきました。


下関トレーニングセンターは玉掛け運転技能講習を開催していますが、実は9月30日は「クレーンの日」なんです。


この「クレーンの日」は、

ボイラ・クレーン安全協会と日本クレーン協会が、

1980年にクレーンなどによる労働災害防止の意識向上を図るため制定したようです。


全国のクレーン作業従事者に向けて、

クレーンによる災害防止を再認識してもらうよう、呼びかけているようです。



クレーン作業による災害防止の重要性について

再認識して頂き、作業を行う際は、技能講習の際の学科や実技の復習や

機械の点検、整備を行って頂くなど、安全防止の再認識の日として頂ければと思います。



ちょうどこのブログを読んで頂いた方で

玉掛け運転技能講習の資格をご検討されている方は

お気軽にお問合せください。


〜玉掛け技能講習 講習スケジュール〜

https://www.shimonoseki-tc.com/schedule




★山口県下関市で玉掛け技能講習、小型移動式クレーンなら下関トレーニングセンターへ

(福岡県や北九州市からのご予約もお承っております)

最新記事

すべて表示

小型移動式クレーンと玉掛けはどちらもユニック車を使用する現場で必要な資格になります。その為、現場によっては小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格が必要になる事も少なくありません。 今回の記事では小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリットを解説します。 ちなみにセットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同じ

今回の記事では吊り荷の運搬・玉掛けが必要な現場でセットで必要になる事が多い小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛け技能講習の講習を受講するときの科目免除について解説します。 小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除の関係性について 小型移動式クレーン運転技能講習を受講するにあたり、玉掛けの技能講習を修了している方は「力学に関する知識」と「小型移動式クレーン運転のための合図」の科目が免除となります。 玉掛

小型移動式クレーンの特別教育と技能講習の違い 小型移動式クレーンの業務に就かせる場合に必要な資格には移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と、小型移動式クレーン運転技能講習があります。移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と小型移動式クレーン運転技能講習の違いは、運転する小型移動式クレーンの吊り上げ荷重です。小型移動式クレーンの吊り上げ荷重が1トン未満を運転する場合は移動式クレーンの運転の業務

bottom of page