top of page
stc下層2-23.png

6月15〜17日☆玉掛け技能講習を開催します。

皆様、こんにちは!

下関トレーニングセンターです✨


今年は昨年よりも1ヶ月ほど早く梅雨入りが発表されました☂️

雨が続き、じめじめとして過ごしにくくなりますが

この時期の風物詩といえば紫陽花ですね💠

紫陽花の色は青、紫、ピンクなど色とりどりですが、

その花の色は土壌のpH値で異なってくるようです。

日本では弱酸性の土壌が多いために青色の紫陽花が定番なんだとか☺️



さて、6月の講習スケジュールですが


6月15日〜17日に玉掛け技能講習を開催いたします。


梅雨が明け、夏に向けてスタートダッシュできるように

是非この機会に受講してみて下さい☺

毎月好評を頂いております!!ご予約はお早めにお願いいたします☺️

下関トレーニングセンター

最新記事

すべて表示

小型移動式クレーンと玉掛けはどちらもユニック車を使用する現場で必要な資格になります。その為、現場によっては小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格が必要になる事も少なくありません。 今回の記事では小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリットを解説します。 ちなみにセットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同じ

今回の記事では吊り荷の運搬・玉掛けが必要な現場でセットで必要になる事が多い小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛け技能講習の講習を受講するときの科目免除について解説します。 小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除の関係性について 小型移動式クレーン運転技能講習を受講するにあたり、玉掛けの技能講習を修了している方は「力学に関する知識」と「小型移動式クレーン運転のための合図」の科目が免除となります。 玉掛

小型移動式クレーンの特別教育と技能講習の違い 小型移動式クレーンの業務に就かせる場合に必要な資格には移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と、小型移動式クレーン運転技能講習があります。移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と小型移動式クレーン運転技能講習の違いは、運転する小型移動式クレーンの吊り上げ荷重です。小型移動式クレーンの吊り上げ荷重が1トン未満を運転する場合は移動式クレーンの運転の業務

bottom of page