top of page
stc下層2-23.png

2021年 新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。


謹んで新春ご祝詞を申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。


昨年の4月に開校した、下関トレーニングセンター。


2020年を無事に終える事が出来き、

そして2021年4月に2年目を迎えます。


これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と心より感謝致します。


下関トレーニングセンターでは、

これまでの資格取得だけの建設機械の教習所という枠を越え、

業界全体の安全、若年労働者のスキルアップ、ベテラン作業員の知識継承など

建設業界の発展へ向けて、一歩一歩進んで参ります。



本年も一層のサービス向上を目指し、センター員一同、誠心誠意努める覚悟でございます。


何卒、本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げますと共に、皆様のご多幸、ご発展を祈念申し上げます。


本年も下関トレーニングセンターをどうぞ宜しくお願い致します。

下関トレーニングセンター 一同

最新記事

すべて表示

小型移動式クレーンと玉掛けはどちらもユニック車を使用する現場で必要な資格になります。その為、現場によっては小型移動式クレーンと玉掛けの両方の資格が必要になる事も少なくありません。 今回の記事では小型移動式クレーンと玉掛けをセットで資格講習を受講するメリットを解説します。 ちなみにセットと聞くと同時に受講というイメージを持たれる方もいらっしゃると思うので補足をしますと取得するスケジュールとしては同じ

今回の記事では吊り荷の運搬・玉掛けが必要な現場でセットで必要になる事が多い小型移動式クレーン運転技能講習と玉掛け技能講習の講習を受講するときの科目免除について解説します。 小型移動式クレーンと玉掛けの科目免除の関係性について 小型移動式クレーン運転技能講習を受講するにあたり、玉掛けの技能講習を修了している方は「力学に関する知識」と「小型移動式クレーン運転のための合図」の科目が免除となります。 玉掛

小型移動式クレーンの特別教育と技能講習の違い 小型移動式クレーンの業務に就かせる場合に必要な資格には移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と、小型移動式クレーン運転技能講習があります。移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育と小型移動式クレーン運転技能講習の違いは、運転する小型移動式クレーンの吊り上げ荷重です。小型移動式クレーンの吊り上げ荷重が1トン未満を運転する場合は移動式クレーンの運転の業務

bottom of page