top of page
stc下層2-23.png

テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育(2024年2月1日施行) in 山口県

2024年2月1日施行の「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」とは


2023年3月に労働安全衛生規則昭和47年労働省令第32号)の一部が改正された事によって、2024年2月1日以降は荷を積み卸す作業におけるテールゲートリフターの操作の業務を行う場合、テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を受講した者でなければ業務を行うことができなくなりました。




「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」の改正の主旨


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」の改正の主旨として、以下が厚生労働省ホームページにて公表されている改正の主旨になります。

陸上貨物運送事業における労働災害の発生件数は増加傾向にあり、特に荷役作業に係る労働災害が多発していることを踏まえ、「陸上貨物運送業における荷役作業の安全対策に関する検討会」(陸上貨物運送事業労働災害防止協会)において報告書が取りまとめられた。当該報告書等を踏まえて荷役作業時の墜落・転落防止災害 の充実強化について検討を行い、労働安全衛生規則(昭和 47 年労働省令第 32 号。 以下「安衛則」という。)及び安全衛生特別教育規程(昭和 47 年労働省告示第 92 号。以下「規程」という。)の規定について所要の改正を行ったものである。

荷役作業に係る労働災害が多発している事を踏まえて、「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を2024年2月1日より義務化するという背景のようです。


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」等荷役作業安全ガイドライン


厚生労働省のホームページには「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を含めた荷役作業安全ガイドラインが公表されています。


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を受講させるだけではなく、ガイドラインに記載のある以下の遵守事項を遵守する必要があります。


別表5「テールゲートリフターによる労働災害の防止対策」

引用:厚生労働省ホームページ「荷役作業安全ガイドライン


山口県で「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を受講する場合


山口県で「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を受講する場合は下関トレーニングセンターへご相談下さい。


当センターでは「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」を以下の要項で開催いたします。



開催場所

〒752-8609 山口県下関市長府安養寺1-15-13

対象者

荷を積み卸す作業を伴うテールゲートリフターの操作の業務をする者

講習科目

  • テールゲートリフターに関する知識

  • テールゲートリフターによる作業による知識

  • 関係法令

受講料

15,000円(テキスト代2,000円、及び消費税込み)



「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」の受講コース案内

こちらから受講要件・申込書をダウンロードをして下さい。


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」のスケジュール

こちらからスケジュールをご確認下さい。


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」のご予約

こちらからご予約下さい。


「テールゲートリフターの操作の業務に係る特別教育」に係る労働安全衛生規則昭和47年労働省令第32号)の施行は2024年2月1日です。


ぜひお気軽にご予約ください。



教習所概要

名称:下関トレーニングセンター

住所:〒752-8609  山口県下関市長府安養寺1-15-13

電話番号:083-246-0556

FAX番号:083-246-2835

最新記事

すべて表示

フォークリフト運転技能講習 in 山口県

山口県でフォークリフト運転技能講習のご案内 山口県の下関トレーニングセンターではフォークリフト運転技能講習(31時間・11時間コース)を定期的に開催しています。定員に達した場合は別の開催日でのご案内となりますので山口県でフォークリフト運転技能講習をお考えの方はお早めにお問合せ下さい。 フォークリフト運転技能講習の申込方法 フォークリフト運転技能講習の受講をご希望の方は「講習コース」より 「フォーク

重機の免許・資格の種類をご紹介

建設現場や建設の業務に従事する上で欠かせない重機。 そんな重機を適切に活用する事で作業の効率性、安全性が向上します。 当然技術者としても管理者としても、現場に適した様々な重機を操作、運転する事が出来る人材は非常に魅力的です。 今回はそんな重機を操作、運転するためにどのような種類の免許や資格があるのかをご紹介させて頂きます。 代表的な重機の種類 免許、資格の種類の前に代表的な重機の種類をご紹介します

小型移動式クレーンと玉掛けの違い

建設現場で積載型トラッククレーンやクレーン付ドラグショベルを使用して吊り荷を取り扱うケースは多いと思いますが、それらの重機を使用するような現場の作業に従事する時に必要な資格として「小型移動式クレーン運転技能講習」と「玉掛け技能講習」という2種類の技能講習があります。 どちらも積載型トラッククレーンやクレーン付ドラグショベルを使用する現場の作業に従事する際のに必要な資格ですが小型移動式クレーン運転技

bottom of page